水耕栽培

ようやく段々暖かくなってきました。

今年もベランダで色々育てようと思います。

手入れとかも簡単なので水耕栽培で育てています。去年あれやこれや試してみていい感じに今の方法に落ち着きました。

水耕栽培ですが、文字の通り土を使わずに水で育てる栽培方法です。土の代わりに液肥を使って栄養を与えます。

エアレーションが必要ってのも見ますが去年も無しの方法でけっこー収穫できたので無しの方向で!

エアレーションってのは水槽に使うぶくぶくとかで空気を送り込むことです。植物は根っこも呼吸していて酸素が必要なので水中に空気を送りこむ必要があるとか。

ただいちいち用意するのも面倒やしコストなんで無しにしました。

根っこからも呼吸ができるように液肥に根っこ全体をつけないようにすれば問題無しでした!

道具はできるだけ100均グッズで揃えます。

 

ふるい、ゴミ箱、フェルトです。ゴミ箱は150円でした。

フェルトを細い短冊状に切ってふるいにとりつけます。

スポンサーリンク

液肥とふるいの間に根っこが呼吸できるように空間があるんですが、これで液肥を吸い上げて根っこが乾かないようにします。

 

種を植えるのはココピートを使います。

 

ココピートはココヤシから作られた土の代わりみたいなのです。使い終わったら燃えるゴミで捨てれるので処分も簡単です。圧縮された状態なのでこれを水で戻します。

通販で購入しましたが購入した数日後にダイソーでも見つけました。笑

ダイソーで探し回っていた時は無かったのに買った直後に見つかるなんて…。

 

戻したココピートををふるいに入れます。そしてふるいをそのままゴミ箱にすっぽりはめます。

 

あとはここに種も蒔いて液肥を入れて後は待つのみ!!

液肥はハイポニカを使います。

 

1Lの水にAとBをそれぞれ2mLずつ入れます。ちなみに土耕栽培にも使えるそうですがその場合は1mLずつでいいそうです。

今年もバジルの種を蒔きました。去年買って余ってたやつなので発芽するか若干心配ですが。笑

まぁ気長に待ちましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です